食事制限ダイエットをしてみて

20数年ほど前に付き合っていた彼女の両親に会うためにダイエットを行い、3週間程で15Kg位ダイエット出来た。

当時95kgあった体重で、やったことは毎食時の量を減らした事。

朝、晩はご飯茶わん半分程度。

オカズは野菜中心で揚げ物等の油は一切使用しないで肉も厳禁。

それで仕事に従事して最初の10日ほどはきつかったが其れを過ぎたらそれ程苦痛にならなかった。

飲み物も水、お茶、烏龍茶、ブラックコーヒーのみで他の糖分やカロリーのある飲み物は接種しなかった。

そうして、初日から順調に減って行き1週間ほどで8~10kg程お度体重が落ちた。

残りの2週間掛かって最終15kg程度のダイエットに成功。

後半は体重の落ちるスピードが鈍ったがそれでも順調に落ちて行ったと思う。

3週間後には79kg台まで落ちて、ダイ十エットを終えたが、食事量を多少戻してもリバウンドはしなかった。

徐々に飲み物もジュース類(果汁100%)も飲みだしていってもリバウンド無く3~4年は体重が維持できた。

意識の上での行動もあったと思うが1年位は果汁のジュースやお茶以外は飲まなかった。

それを1年過ぎた位から炭酸飲料(コーラ類)も飲み始めたがリバウンドしないでダイエットして4年位は79kg代を維持できた。

4年以降は少し増えて82~3kgまでになったが元の95kg台までには戻らなかった。

離婚後は食生活の乱れもあり、現在は元の体重を超えてしまっていますが、体力のあるうちにまた挑戦したい。

糖質制限ダイエットは続けにくい

今まで試した中で一番即効性があったのが、糖質制限ダイエットです。

肉や魚など糖質が少ないものをメインに食べるというのを続けていたら、2日で1kg痩せることができました。

ただし、お金はかかると思います。

パンやおにぎり、お菓子といった軽食であれば100円以下で買えるものが多いですが、おかず系を買おうとなるとそれよりもやや高くついてしまいます。

自宅では豆腐などを開けて食べることができますが、出先ですぐにパクッとつまめるおかずを用意するのは結構難しいです。

誰かと一緒に食事に行くのにもラーメンやお寿司やサンドイッチなどのお店には食べるものが少ないので困ることが多いです。

あまり誘いを断っていると人間関係も悪くなります。

糖質制限ダイエットは、人付き合いが少なくて家族と一緒に食事を食べる必要がないという独り身タイプの人には最適だと思います。

常に一人で食べるという人や、周りが何を言おうが自分が食べたいものを食べるという人であれば糖質制限ダイエットは高い効果を発揮します。

私の場合は気が小さいので周りに合わせることが多く、結局周りと同じものを食べてしまって続けられませんでした。

糖質制限を続けるには環境設定が大切だと思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP